ビラを印刷する時に気を付けたいこと

ビラを印刷する時に役立つ情報を紹介します。まず大事なことは、作る前にどのようなビラを何枚作るのかをしっかり決めておくことです。それによって印刷の方法やデザイン及び費用が大きく変わるからです。家出したペットを探すのならば、せいぜい10枚から多くても500枚程度で十分でしょうし、新聞折込チラシや戸別ポスティングなら1000枚単位で必要になるでしょう。またせっかくできたものをどうやって配布するのかも先に考えておくべきです。枚数が多ければ業者に頼む方が安上がりになるのは当然ですが、紙質やサイズ及び使う色数なども考慮しましょう。小さいサイズの薄い紙で単色刷りならば安くなり、大きいサイズの厚紙かつ多色刷りなら高くなると考えて差し支えありません。

しっかり見積もりを取りましょう

手描きやコピーといった方法は少ない枚数に適していますが、それなりの枚数になる場合はあらかじめネットで検索して幾つかの業者をピックアップすると良いでしょう。オンラインで見積もりを出せるサイトもあるので活用してください。先ほど述べた通りビラは仕様によって価格が大きく変わりますので、不明な点があれば問い合わせをしてきちんと対応してくれる業者を選ぶことが大切です。実際の配布までに余裕を持って頼むのが良いのですが、特急料金などのオプションで早急な納品を可能にしてくれるところもあるので困ったことがあれば相談してみることをお勧めします。またデザインや校正についても一定の相談に乗ってくれるのか、そのあたりも事前にきちんと確認しておくと良いでしょう。業者によって得手不得手があるので注文にあった会社を探すことが大切です。

ビラのデザインについて。お任せ?データ入稿?

大まかな内容は決まっているけど実際のデザインはどうしよう……となかなか決まらない場合には、思い切ってお任せにしてしまうのも一つの手です。頼む業者は広告印刷のプロですから、あなたのアイディアをきちんと形にしてくれるはずです。ただし、あまりにも漠然としすぎていると纏まるまでに時間もお金もかかりますから、最低限の素材(テキストやイメージ)などは前もって準備しておくと相談もスムーズに進みます。デザイン起こしの他にイラストや写真は別料金になる場合もあるので見積もり時点でしっかり確認しておきましょう。illustratorやphotoshopなどデザイン用のソフトを使えるのならば、データ入稿の方が安くなるので費用を抑えられます。ただし校正や入稿規定などはしっかりと守ってください。誤字脱字などは印刷された後からでは直せないので厳重に注意しましょう。

ビラを印刷するなら【低価格】が一番 地下鉄東山線伏見駅から徒歩3分。 CDジャケット印刷、DVDジャケット印刷、紙ジャケット印刷。 オリジナルうちわ、カレンダー印刷などのノベルティ、トレカやしおり等のコミック系商品。 オリジナルうちわ印刷は、過去100万本/年の販売実績があります。 CDジャケット印刷は自然検索でずっと1位をキープ。種類も豊富で、激安短納期に対応します。