ビラの印刷ではここに重点を置こう

ビラは薄くて小さいですが、想像以上に効果性の高いツールです。デジタル全盛期の時代だからこそ、アナログによるメッセージが効果を発揮します。より高い効果を期待するためには、いくつかのポイントがあります。紙に幾らかの文字をプリントしただけでは十分とは言えません。反対にビッシリと文字が印刷されているなら、読む気さえ失わせます。実際のところ読む必要があるようでは効果的ではありません。人の注意を引きつけるデザインにすることが大切です。そのためには色や大きさ、レイアウトに注意を払います。ターゲットの好みや流行も考慮に入れなければいけません。薄い紙切れとして見向きもされないか、手に取ってじっくり見てもらえるかのどちらかです。それはデザインによって左右されます。

ビラの印刷ではインパクトが大切

インパクトは非常に大切です。必ずしも奇をてらったものである必要はありませんが、注意を引きつけることは必須です。インパクトを与えるためには、様々な要素が関係しています。例えばそのうちの一つは色使いです。思わず目を奪われる広告には、大抵美しい色が使われています。伝えたいメッセージに似つかわしいカラーを選ぶ必要があります。人は無意識の内に、色から様々な事を連想します。色が与えるイメージの力はかなり大きいものです。他にも、美しい写真やイラストを使用することも重要です。一枚の絵は千の言葉に相当すると言います。視覚資料により、一層印象を残すことができます。人の目はきれいな絵や写真を見た時に安心感を覚えます。分かりやすく簡潔明快なキャッチコピーも欠かせません。

効果的なビラの印刷で気をつける点

ビラが最大限に効果を発揮するためには、考え抜かれたデザインが必要です。反対に作り手の便宜で作ったデザインは効果的ではありません。例えば、経費削減のため向こうが見えそうな薄い紙にビッシリと文字が印刷されているには良い例とは言えないでしょう。どのような紙を使用するかで、与えるイメージも大きく違ってきます。大きさも大切な要素です。大きい方が印象を与えると考えて、最大限に大きい紙を用いるなら受け取る点で不便です。当然配布方法によっても、大きさは異なります。新聞の折り込み広告なら多少大きくても問題ありません。一方で街頭での配布に場合は、受け取りやすい大きさにしましょう。受け取って、カバンに入れやすい大きさが理想です。読み手の立場に立った大きさやデザインであることがポイントです。