ビラの印刷をする際にこだわりたいこと

ビラの印刷をする際は、利用目的に応じてこだわるべきポイントが変わります。印象の良いビラを作って多くの方に興味を持ってもらう為に、覚えておくと良いでしょう。1つ目のポイントは、何を宣伝する為に利用するかです。例えば用紙の種類があげられます。同じデザインで作るとしても、用紙の選択で見る人にとっての印象は変わります。高級感を持たせたり、身近な印象を与えたりと宣伝の内容によって利用しやすい用紙は様々です。2つ目のポイントは、印刷会社の選び方です。会社によって提供しているサービスの内容が違うので、適切なサービスを提供している会社に依頼をすると良いでしょう。大量に作るのでコストパフォーマンスを重視しているのなら、大量注文で費用が安くなる会社もあります。

宣伝する内容や用途によって注文内容も変わる

ビラを印刷して宣伝に利用する際は、宣伝の内容や用途によって注文内容を指定する形になります。用紙の種類も利用者が指定する事の1つで、多様な種類から宣伝に適したものを選択可能です。例えば、新聞の折り込みとして利用される例が多いのは光沢のある上質紙です。様々な商品の紹介に利用されており、会社によっては新聞の折り込み広告まで依頼する事もできます。お店の形態や、商品を問わず利用しやすい用紙の1つです。シンポジウムのパンフレットやライブ会場で配るリーフレット等に使う場合は、より厚手の用紙が使われる事もあります。自前のデザインのまま製品にしてもらう事もできますが、デザイン段階から依頼できる会社もあります。プロのデザイナーに、見栄えの良いデザインを作ってもらう事も可能です。

会社によって利用できるサービスが異なる

印刷会社によって、利用できるサービスは違います。大量注文で料金を割り引いてくれる会社や、届け先を複数選択できる会社等があるので、用途に応じて選択するのが大切です。料金の割引が利用できる会社は、広報の為に大量のビラを作りたい時等にも利用可能です。作った後にポスティングも行ってくれる会社もあり、家に配るか事務所に配るかといった細かなサービスも行われています。納期を指定できる会社には、素早い納品を可能にしている場合もあります。会社によっては当日中に作って送ってくれる、当日仕上げのサービスも利用可能です。顧客の開拓に協力してくれる会社もあり、綿密なデータ分析に基づいて配布すべき場所を策定したり、顧客から抱かれている印象を調査したりとビジネスパートナーとしての利用を提案しています。